気分変調症と過敏性腸症候群などを患う精神疾患者の日常ブログ
 

 

 
調子が最悪だ。
何が原因なのかもわからない。
苛々している……。

彼とも大喧嘩をした。
そして発熱した。

平熱が35.0℃で、37.2℃を出し吐き気を催していた。
明日は通院日。
調子が悪いことを伝えようと思う。
薬が増えるのだろうか…。 
スポンサーサイト



 

 

 

 
昨日は、辛い腹痛があった。
治ったと思っていた過敏性腸症候群はそんなに甘くないようだ。

今日はゆっくり起きて、絵を描いて、洗い物をして。
雨続きで洗濯が滞っている。
体調にも影響するから、そろそろ晴れてほしいものだ。

この後は、洗濯を片付けてオンラインゲームで暇をつぶす予定だ。

すっかり冷えて、寒くなってきた。
ひざ掛けを用意しようかな。 

 

 

 

 
今日は通院日でした。
行きのバスで少し酔って気持ちが悪い。

診察では今までで一番落ち着ているように見えると言われた。
過敏性腸症候群の薬は減って、安定剤が増えた。
落ち着いてても増えるのか……と思いつつ。

そして再来週は血液検査。
投薬で副作用が出ていないか検査しないといけないらしい。
採血はどうしても過呼吸に陥るから心配だ。

今日は溜まっていた洗濯もしたし、掃除機もかけた。
彼に強く勧められた本を借りに、大きめの図書館へも出かけた。

夕方は彼を迎えにいって、ついでに家に足りないものを買い足しにいく。
食料以外の買い物は久々だから、少し楽しみだ。 

 

 

 

 
今日は昼頃に起きた。
台風らしく、大雨が降っている。
ひきこもりにはあまり影響のない話だ。

絵を描いていたら、急に仕事が入ったので
1時間ほどやって終わらせた。
そこから暇つぶしに簡単なGIFアニメを作ったら夕方になっていた。

明日は通院日。明日も雨だろうか。

調子は良くなったと思う。
過去や未来のことを考えるから辛い、今だけを考えることという記事を読んだ。
それから、他人の真似じゃなくて自分の良いところを伸ばすというようなことを
彼に言われたりアニメでみたことがきっかけだと思う。

それまで絵でも何をお手本にしようと迷いばかりで低迷していたけど
自分が思うように描けばいいんだと思ったらスッキリしたように思う。

一過性のものだとしても、良くなったのだから良かった、と思っておこう。 

 

 

 

 
世の中は三連休らしい。
今朝はゆっくり起きて、やはり今日もゲームをした。

彼は16時半頃に会社の食事会へと出かけて行った。
戻るのは21時頃だそう。

最近、一人の時間にも慣れてきたような気がする。
何もしなくても平気に思うようになってきたというか。

明日の朝、母が送ってくれた米が届くらしい。

母は祖父が亡くなってから変わったように思う。
亡くなるまでは「絶対正社員! バイトなんてもってのほか!」というくらいだったのに
亡くなった今は「あなたが笑顔ならそれでいいんだよ」という具合だ。

祖父は離婚していて、男手一つで母を育てたのだ。
そんな祖父が亡くなれば、それは相当にショックだろう。
今にして思えば、父親が親権を取るとは余程のことだったんだろう。
一度も再婚することなく、育ててくれたという。
祖母は三度くらい再婚し既に亡くなっている。

ちなみに私の両親も離婚している。
原因は父の統合失調症だ。
その父の遺伝で、私のうつといってもいい気分変調症であることに繋がる。
医師曰く「親が統合失調症で子がうつというのはよくある話だ」だそうだ。

尚のこと、病気の症状などではなく生まれてこなければよかったとその時は思った。
今は、良い病院が見つかったからまあいいかという気持ちだ。 

 

 

 

 
今朝は天気も悪く、なんのやる気も出なかった。
布団から出ないで、ただぼーっと天井を眺めることをしていた。
昼過ぎになったのでご飯を食べるために布団を出て
洗濯をして掃除機をかけた。
仕事を片付けて、少し絵を描いて、今に至る。

これだけ時間があれば絵の一枚も描けるだろうに
それが全く描けない。
一日一枚はなんとか続けているが、一枚のきちんとした絵が描けないのだ。
描きたいものもないし、イメージも湧かない。
別に描かなくても死ぬわけではないし、いいのだが
「描けていないなあ」と思うのだった。

9月も中頃になった。昨日も今日も大して変わらない毎日。
平和ボケしているんだろうか。
生きている心地が全くしない。 

 

 

 

 
今朝から何のやる気も湧かなくてぼーっとしていた。
洗濯すら億劫だったが、家事はなんとか済ませた。

昼ご飯を食べていたら亡くなった祖父を思い出して泣いた。

本を読み終わったので一念発起して図書館へ返却に出た。
ついでにスケッチブックを持って、学習室で落書きをしてきた。
家にいたままではなにも進まないと思ったからだ。

昨日、いくといっていたハローワークは延期になった。
彼曰く今の状態で就職しても、すぐ辞めるのは目に見えている。
もう少し病状が落ち着いてからにしよう、とのことだ。

しかしなんだろう、このやる気のなさは……。
やる気がないから何もしない、というのが通じるのが凄いことだ。
しばらく何もしないでいようと思う。 

 

 

 

 
今日は通院日だった。
薬が変わったり、増えたり減ったり。
過敏性腸症候群はだいぶよくなり、ほぼ薬がいらなくなった。

収入について相談したところ、障害者枠での就業を勧められた。
デザイン関係はないけど、選ばなければなんでもあると言われた。
彼と相談し、明日ハローワークにいってみようかと考えている。
お金のためだけに、働こうとしている。
果たして本当にあるのかな。とりあえず、フルタイムは無理だ。

他には、病気は治るのか?と聞いてみた。
環境次第だと言われた。
収入も困らなくて、彼との喧嘩もなくて、という環境なら治りやすいと。
子供ができたりしたらそっちに関心がいくから病気どころじゃなくなるし、と。
それを聞いて、結構絶望的な状況だなぁと思った。

何をしていても、すぐ嫌になってしまう。
昨日応募した在宅ワークも断ってしまった。
すぐ嫌になってすぐやめてしまう。
何なら続くというんだろうか。 

 

 

 

 
昨日片付けた仕事にOKをもらい、少し在宅ワークをした。
諸々家事をして13時から16時過ぎまでは眠ってしまった。
0時から9時半頃までは眠っているのになぜ眠ってしまうんだろう。
睡眠時間としては足りているはずなのに。
夜眠れるか、不安になってしまった。

Webの記事で「何もせずに昼間寝ていたい」というコメントがあった。
まさにそれをしているはずなのに、あんまり充実していないのはなぜか。
働いていた時より明らかに楽ではあるのだが。
楽と楽しいは違うなんてのをどこかでみたけどそう思う。

何もないは何もないで苦痛だけど
何かあって苦痛なのと比べたら前者の方がいい。

明日は通院日だ。
待ち時間やることもないから図書館へ行って本を借りてこようかな。
明日は副作用と思われる口の渇きと、収入について相談しようと思う。 

 

 

 

 
今日は雨のため溜まった洗濯をして、在宅の仕事をした。
今やっている在宅でがっつりやるのは最後だろう。
お金のことが不安で、そのことばかり考えている。
非常によくない。

職場でスキルアップしていく同級生や彼を見て劣等感を覚える。
自分もスキルアップしたいのかと聞かれると少し違う。
自分のニートを肯定できない性格なのだろう。

天気が悪いせいか、一層やる気が起きない。
頭もぼーっとして、あまり考えることができない。
天気や低気圧に体調を左右されるのは非常にやっかいだ。

このブログを書いたら何をしようか。
読書も頭がもやもやして読み進められないし
何もせず寝ているのはあまりにも暇すぎるし。
散歩は…ぴんとこない。
昨日お金をかけない趣味というのを検索してみたがろくなものがなかった。

結局何もせずに今日も終わるのだろう。
風呂掃除がまだだから、それをとりあえず片付けよう。 

 

 

 

 
今朝はゆっくり起きて、それからは彼とゲームをしていた。
あとは普通にご飯食べて、ゆっくりして。
彼は生粋のゲーマーだ。それにつられるように私もゲームをしている。
つられている証拠に、平日一人の時ゲームをすることはない。

ゲームを楽しいと感じるときもあるが、そうでないときもある。
しかし他にやりたいこともないし、結局土日はゲームという選択肢になってしまう。
母に「家庭菜園でも始めれば?」と言われたが、本当にその通りかもしれない。
絵とゲーム以外の趣味を増やしたいのは事実だ。お金のかからないもの限定だが。

今日はゆっくりできたし、全体的に調子が良かったと思う。
そういう日が続けばいいのにな。 

 

 

 

 
私には同棲中の恋人がいる。
精神疾患を持っている人の記事を読むと恋人や夫・妻がいることが多い。
そういうものをみて、どうして精神疾患を持ってうまく恋愛できるのだろうと思っていた。

自分の場合、一度会社から離れて少し落ち着いた時に縁があって今に至る。
本当に運が良かった。助けられていることも多い。
ケンカも絶えなかったが、私が効果のある薬を飲むようになってから激減した。
ああ私のせいだったんだと、自責の念に駆られた。

彼は土日が休日だ。
私はニートなのに、土日になると自分まで休日という気がしてくる。
そこでもまた自分を責めてしまう。
甘えた生活をしているうえ、休日だと感じるなんておかしい。

自分を責めたりしないで、思い切り羽根を伸ばして休みたい。
休んでいるのに、休めている気がしない。
そもそも、休むって何をしていれば休むなのだろう?
なにもしないこと? 眠ること? 好きなことをすること?
いまいちわからない。

にほんブログ村のランキングの気分変調症カテゴリで1位になっていた。
読んでくれる人がいるのは、純粋に嬉しく思う。感謝します。 

 

 

 

 
昨日、ブログを書き終えてから近くの図書館へ行った。
偶然にも小さな図書館が徒歩5分くらいの場所にある。
適当な本を読んで、適当な本を借りて帰ってきた。
本を読んだことよりも外に出たことが良かったのか調子が少し良くなった。

今日は朝から昨晩の食器を洗って、掃除機をかけて、眠った。
起きてからは簡単な在宅ワークをして今に至る。
全然稼げない。しかし働くのは怖い。
在宅ワークなんて私には無理なのかなと思い始めてきた。

母の会社の鑑定士に私を見てもらったらしいが
「今年は苦労するが、来年は安泰」とのこと。本当かなぁ。
もし本当ならタイムスリップして未来にいきたいよ。

なにかしようという気が起きない。
面倒なわけじゃないのに、身体が動かない。
趣味のはずの絵も、全く描く気が起きない。
趣味ですら描けないのに、仕事なんて無理に決まっている。

薬が増えてから、口が渇く気がする。
次の通院日に相談しようと思う。 

 

 

 

 
昨日、増えてしまった薬で吐き気の副作用が出た。
それに追加で、微熱が出てしまった。

昨日断った仕事は、「こちらは大丈夫だけど、お金大丈夫?」と心配された。
「甘えるな」とか言われる被害妄想をしていたから、とりあえず安堵した。

お金は全然、全く大丈夫じゃない。
うつなどの精神障害者の方々はどうやってお金を生み出してるのか気になる。
検索してみても、「うつの自分が成功するまで」とかそんな記事ばかり。
そんなことが知りたいんじゃない。

そういうわけで自分のお財布事情を書いてみようと思う。
私は辞めた会社から業務委託としてお仕事をもらっている。
その中のメインのお仕事はかなりストレスで、昨日断ってしまった。
今後は在宅ワークを探して生計をたてるつもりだが、うまくいくかな。
しばらく貯金を食いつぶすことになりそう……。

利用している制度は、精神障害者保健福祉手帳と自立支援医療のふたつ。
手帳は先週届いたばかりだから、まだ有用かどうかはわからない。
バス券と携帯料金割引の手続きはした。

制度を利用して思ったことは、手続きがうつや精神疾患を持ってる人が行うには負担が大きすぎる。
必要な書類を取り寄せて、区役所に行って、手続して、申請が下りるのを待って。
制度があるだけありがたいのだけど、もう少しどうにかなったら利用しやすいのにと思った。
もし需要があれば、わかりやすくイラストで解説してみるとかやってみたいがどうなんだろう。
私自身、利用しているというだけでものすごく詳しいわけではないからなぁ。

タイトルの補足。私は正しくは気分変調症だけどうつ病といってもいいラインらしい。 

 

 

 

 
今日、病院に行ってきた。
以前は一週間に一度だったが、通院が辛く二週間に一度にしていた。
しかし日曜日から体調不良と気分の落ち込みと自殺願望が強く、一週間に一度に戻そうと思った。

苦しくて苦しくて、早く先生に相談したい一心だった。
現状を先生に打ち明けると
「説明し忘れてたんだけど、抗うつ剤は25歳以下の人が服用すると逆に自殺願望が強く出てしまう」と言われた。
ならば抗うつ剤とは一体なんなのか。少し呆れてしまった。

診察中、病院の電話が鳴った。目の前で話すものだから、先生のセリフだけ聞こえる。
「…飛び降りちゃったの? 救急車? 今こっちに向かってるの? うん、優先して診るから。」
とんでもない患者がいるものだなぁと思った。
とんでもないというか、私、私たちが一線を越えた人たち。
別に不思議なことでもなくって、私だってその病院にいる人全員はいつ飛び降りてもおかしくないんだと思った。

それから仕事がつらいと話した。
いつ、修正指示が来るのかビクビク怯えて非常にストレスだと伝えた。
「断っちゃえばいい」
そんな、簡単に…と思ったが、結局「休養に専念したいので」と断ることにした。

この際だから、自分の病気の事も伝えることにした。
友達に「あっちだっていちいち断られてたら仕事にならないし、鬱って言っちゃった方が理解も早そう」と言われたからだ。
確かに。との同意もあるが、朦朧としている私よりマトモな意見だろうと思ったので採用させてもらった。
伝えた結果は「今早退中なので、詳しくは明日お返事します」とのことだった。

こういうことがある度、「返事が怖い」のだ。
だから先々週から実践中の認知行動療法のコラム法を埋めてみた。
二回目の実践だ。多少、楽になることができた。
今日の診察で先生に一回目のものを見てもらったが「よくできている」とのことだった。

昨日から、にほんブログ村のランキングに参加してみた。
今日見たら驚きで、気分変調症の中で5位に入っていた。
私自身、同じ病気の人たちの日常が気になるから、その参考になればと思う。
 

 

 

 

 
フリーランスになってから時間が余るようになった。
どんな状況でもストレスは出てくるもので、今はこの時間が苦痛だ。
あんなに家でだらだらしたいと思っていたのに変な話だ。
ふと振り返ってみればもう3ヶ月近く引きこもっている。

5年前、10年前の自分が今こんなことになってるとは思いもしないだろう。
10代の頃は元気に絵の仕事をしていることを夢見ていた。
現実は厳しく、うつで自分の絵ではない絵の仕事をしている。

これから、どうなるのだろう…。
そうはいっても、1年前の自分すら予想できなかったのだから
1年後なんてのも「まさかこんな事になるなんて」というところだろうか。
なのにどうして、今後このまま一生変わらないのではないかと思うのだろう。
昨日と今日が、さほど変わらないからだろうか。

振り返れば、自分の人生は挫折ばかりだ。
義務教育、高校在学中から体調不良が始まり、就職して挫折、
専門学校に通いながら病気を治そうとするも学校に問題があり挫折、
就職して挫折、今在宅ワークで挫折しそうになっているところ。
続いたことなんて、生きてきた、ただそれだけだ。

もう終わりにしてもいいんじゃないかと度々思う。
もう疲れてしまった。
自殺する勇気さえあれば。全て投げ出す勇気さえあれば。
楽になりたいよ。 

 

 

 

 
6月、私はフリーランスになった。在宅だ。
会社を辞めるのは人生で二度目になる。しかし退職理由は前回と同じだ。
電車通勤や職場で体調が悪くなることが多く仕事の継続が困難だったからだ。

結局のところ原因は遺伝性の精神疾患だった。
気分変調症(うつと言ってもよいラインらしい)と、過敏性腸症候群と、
パニック障害(微妙なラインらしい)と、広場恐怖症のコンボだった。

ただその原因を突き止めるのも容易ではなかった。
体調不良などの症状が七年続いていて、その間も別の心療内科に通っていたが診断は社会適応障害だった。
私の場合簡単に言えば「会社のストレスが原因で、体調不良などに陥っている」という診断だった。
会社を辞めても一向に症状は改善せず、しばらくしてその心療内科を通うのはやめてしまった。

そして今年、上京し新たに就職したが、またダメではないか。
再び新しい心療内科に通ったところ「もっとあなたにあった場所を紹介する」とのことで
冒頭の診断を下してくれた心療内科に通うことになった。
この七年間、「なぜか」現れる体調不良、情緒不安定の原因がハッキリしすっきりした。

そうして、通院しながらフリーランスの道を歩むことになった。
病気に対する悩み、フリーランスとしての悩み…考えれば尽きない。
ただやっと原因がわかり、対処していくべきことがわかった。
スタートラインに立てた気がする。 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2016 こころぐ, all rights reserved.